ExPingを使いこなす方法を学ぼう!

ベル

今回の授業は、『ExPingを使いこなす方法』を教えます。構築時の試験などで疎通試験などを実施しますが、試験証跡を残したりするにも便利なツールですので、『使う』のではなく『使いこなせる』ようになりましょう!

 

そもそもPingってご存知ですか?通信の到達性を試験するために使用するコマンドです。現実世界で言うところの往復ハガキのような物です。手紙を出して返ってきたら、その住所への到達性が確認出来ますよね。使い方は違いますが、同じようなイメージで考えてもらえればいいと思います。

 

ExPingとは

ExPingはGUIでpingを実行出来るソフトウェアです。コマンドラインに抵抗がある人でも、簡単に疎通試験が出来るので、かなり使いやすいソフトです。複数のIPアドレスを同時に実行し、統計を表示したり、Tracerouteを実行したり出来るフリーのソフトウェアです。以下のサイトからダウンロード出来ます。

http://www.woodybells.com

 

ExPingの基礎

 

疎通確認

まずは、なんと言っても疎通確認ですね。まずは、ExPingを立ち上げます。

 

 

そしたら、『対象』のタブをクリックしてください。下記の場所に疎通確認対象を入力してください。今回は以下のアドレスを試してみましょう!

 

 

次に、『環境』タブをクリックしてください。以下のような画面になると思います。

 

 

試験したい内容に合わせて値を変更してください。項目の説明は以下になります。

 

 

それでは、疎通確認を実行してみましょう!緑枠で囲った部分をクリックしてみてください。画面が『Ping 結果』に切り替わっていると思います。以下のように○ OKなっていれば、疎通出来ていることになります。

 

 

× NGになっていたら疎通不可となります。視覚的にも非常にわかりやすいですね!

 

次に統計結果について確認してみましょう。『Ping 統計』タブをクリックしてみてください。今回、実行した『10.10.10.1』への疎通結果の統計が表示されていると思います。ここで「実行回数」、「失敗回数」、「失敗率」、「最短時間」、「最大時間」、「平均時間」などが確認できます。ただ、疎通ができたか?出来なかったか?だけではなく、環境の変化に応じて通信時間などを意識するようにしましょう。たとえば、同じLAN内であるにも関わらず、数百msecのレスポンスであれば、遅延がかかりすぎている思わなければいけないですし、初めて使うLANケーブルであれば、10,000発くらいPingを実行してみて抜けがないかを確認するなど、いろんな使い方が出来るので試してみてください。

 

 

 

TraceRouteの実行

TraceRouteについて、まだあまり詳しく授業していないので、ここでは触りだけ解説しておきます。TraceRouteとは、疎通試験時によく利用されるコマンドで、端末から端末までの通信経路を調べる時に使用します。Pingにより通信が可能かどうかを調べるだけではダメなんです。きちんとした通信経路を通っているかを試験する必要があります。

 

今回のExPingでも同様にTraceRouteコマンドが実行できるようになっています。『TraceRoute』タブをクリックしてみてください。何も実行していない状態であれば、真っ白な表示になっていると思います。それでは、緑枠で囲った部分をクリックしてみてください。TraceRouteが実行され結果が表示されると思います。

 

 

ログ保存

試験で重要となってくるのが、試験証跡です。「試験やりましたー!問題なかったですー!」では、終われません。ちゃんとした証跡を残すクセをつけましょうね!

 

Ping結果の保存

左上にある『ファイル』をクリックすると『Ping結果の保存』がありますので、選択してください。すると、下記のよう画面が表示されるので、保存先とファイル名を入力して『保存』をクリックすることで、結果を保存出来ます。ファイル形式は、csvでもtxtでもどちらでもいいと思いますが、後で結果を加工したりしたいのであれば、csvの方がいいと思います。

 

 

Ping統計の保存

Ping統計も同様ですね。左上にある『ファイル』をクリックして『Ping統計の保存』がありますので、選択してください。すると、下記のよう画面が表示されるので、保存先とファイル名を入力して『保存』をクリックすることで統計結果を保存することが出来ます。

 

 

TraceRoute結果の保存

TraceRoute結果も同様です。左上にある『ファイル』をクリックして『TraceRoute結果の保存』がありますので、選択してください。すると、下記のよう画面が表示されるので、保存先とファイル名を入力して『保存』をクリックすることでTraceRouteの結果を保存することが出来ます。

 

 

便利なバッチファイルの紹介

ここまで読んで頂いた方に、便利なバッチファイルを紹介させていただきます。先程から授業で取り上げているExPingですが、Ping実行したりログを保存したりするの手間だな~って思った方いませんか?そんな方にオススメです!

 

以下の内容をテキストにコピペして、任意の名前のバッチファイルにして保存してください。(例:test.bat)

@echo off

echo %date%
echo %time%

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%

set time2=%time: =0%

set hh=%time2:~0,2%
set mn=%time2:~3,2%
set ss=%time2:~6,2%

set filename=%yyyy%%mm%%dd%_%hh%%mn%%ss%

start .\exping\ExPing.exe -R -C -O %filename%-ping結果.csv

バッチファイルを保存したフォルダの直下に『exping』というフォルダを作成し、そこに『ExPing.exe』を保存してください。そしてExPingを立ち上げて試験データを事前に投入したら、一度ExPing閉じて準備OKです。以下のようなファイル構造になります。

 

 

それでは、先程作成した、バッチファイル(例:test.bat)を実行してみてください。Expingが実行されると思いますので、疎通試験が終わったら、ExPingを閉じてみてください。バッチファイルと同じフォルダに日付と時間の入ったCSVファイルが保存されていると思います。これに疎通結果が記録されていると思います。

 

このようにバッチファイルを実行するだけで、疎通試験を自動的に開始してくれて、ログまで保存してくれるようになるので、何度も同じような疎通試験をする際にはすごく便利なんです。良ければ使ってみてください。

 

まとめ

ベル

今回の授業は、いかがだったでしょうか?ExPingはかなり古くからあるソフトウェアで、ネットワークエンジニアにとって必需品です。きちんと使いこなせるようになっておきましょうね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です