インターフェイスのAuto固定設定

ベル

今回の授業は、インターフェイスのスピード設定を『Auto – Auto』にしながら、『スピードを固定』する方法を教えていきます。矛盾しているように感じるかもしれませんが、使用するケースを紹介しながら説明していきますので、ゆっくり学習していきましょう。そもそもインターフェイスのスピード指定がどのような意味があるのかわからない方は、LANケーブルの使い分け』で確認してください。

 

LANケーブルの使い分け』

LANケーブルの使い分け

 

 

Auto – Auto接続

例えば、最大100Mbpsしかでないスイッチと1Gbpsまで出せるスイッチ2台をデフォルトの設定のまま接続しようとすると、インターフェイスは『auto-auto』となるため、ステータスを確認すると以下のようなになると思います。

 

【SW1】

SW1#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Fa0/1                       connected    1         a-full       a-100     10/100BaseTX

 

【SW2】

SW2#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       a-100      10/100/1000BaseT

 

 

この場合、SW21Gbpsまで出せるが、SW1100Mbpsまでしか対応していませんので、100Mbpsでネゴシエイトされていることが確認できます。そこでSW1が新しい機器に交換した際に、『1000Base-TX』のインターフェイスしかなかったとしましょう。そうすると以下のようなステータスになってしまいます。

 

【SW1】

SW1#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       a-1000    10/100/1000BaseT

 

【SW2】

SW2#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       a-1000    10/100/1000BaseT

 

これで早くなったって喜ぶかもしれませんが、いろいろと問題になることがあります。例えば、EIGRPのメトリック値が変更されてしまったり、スパニングツリー(Spanning Tree Protocol)のCost値が変わってしまってブロッキングポートが変わってしまったりします。このようなことが起きないように、ステータスを維持させなければいけない場合もあります。

 

スパニングツリーの概要 ~基礎編②(STP)~

スパニングツリーの概要 〜基礎編②(STP)~

 

EIGRPの概要 ~基礎編④~

EIGRPの概要 ~基礎編④~

 

 

インターフェイススピードの固定設定

それでは、インターフェイスを100Mbpsの固定に変更してみましょう。

 

【SW1】

SW4(config)#interface gigabitEthernet 0/1
SW4(config-if)#speed 100

 

あれ?LEDが落ちましたよね?ステータスを確認してみると以下のようになっていると思います。

 

【SW1】

SW1#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       100         10/100/1000BaseT

!

SW1#show ip interface brief
Interface                    IP-Address   OK?  Method  Status          Protocol
GigabitEthernet0/1   unassigned  YES   unset      down          down

 

このようにインターフェイスがダウンしていることがわかりますね。これは、インターフェイスの設定を『固定』にしてしまったことで、『Auto-MDI』の機能が無効となってしまって、スイッチ同士の接続がクロスケーブルに変更しないといけなくなってしまったからです。また、ただクロスケーブルに切り替えるだけではなく、対向となるSW2の設定も『固定』にする必要があります。これが出来ない場合は、どうしたらいいでしょうか?

 

 

Auto – Auto設定で100M固定

それでは、Auto – Auto設定のままで100Mbpsだけでネゴシエイトする設定をしていきたいと思います。

 

【SW1】

SW1(config)#interface gigabitEthernet 0/1
SW1(config-if)#speed auto 100

 

このように設定することでAuto』設定にしながら『100Mbps』だけでネゴシエイトしようとすることが出来ます。これ以外にもspeed auto 100 10と設定するとまずは、『100Mbps』でネゴシエイトしようとしてダメなら『10Mbps』でネゴシエイトしようとします。この場合は、『1Gbps』で接続されることはありません。

 

それではステータスの確認をしてみましょう。

 

【SW1】

SW1#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       a-100     10/100/1000BaseT

 

【SW2】

SW2#show interfaces status

Port      Name          Status           Vlan   Duplex     Speed     Type
Gi0/1                       connected   1         a-full       a-100     10/100/1000BaseT

 

 

まとめ

ベル

今回の授業は、いかがでしたか?このように設定することで、現在のネットワークに影響を与えずにハード更改することが出来たりします。ただし、注意していただきたいのが、使用するハードやIOSによって使用できない場合もありますので、ちゃんと調べて試験してから実施するようにしましょうね!

 

 

 

Follow me!

インターフェイスのAuto固定設定” に対して2件のコメントがあります。

  1. Souni より:

    NWエンジニアになるため勉強しております!
    全ての記事を学習させて頂きました!その上でお願いがあります。
    QOS,IPsec,IPv6についても授業があればうれしいです・・!

    1. ベル より:

      コメントありがとうございます。
      全部読んでいただけたなんて、とても嬉しいです。
      最近、忙しくて書けていなかったのですが、引き続き書いていくつもりでしたので、もう少しお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です