BGPの設定 ~iBGP編③~

ベル

今回の授業は、前回の続きで「iBGPの設定」についてとなります。前回は、想定通りのルーティングテーブルにならなかったので、それを直していきたいと思います。前回の授業までを受講されていない方は、こちらから受けてくださいね。

 

BGPの概要 ~基礎編①~

BGPの概要 ~基礎編②~

BGPの概要 ~基礎編③~

BGPの概要 ~基礎編④~

BGPの設定 ~eBGP編~

BGPの設定 ~iBGP編①~

BGPの設定 ~iBGP編②~

 

 

お勉強構成

前回の授業でiBGPピアで受け取ったルートを、ルートリフレクタを使うことで別のiBGPピアにルート配布出来るようになりましたね。今回は、BGPコンフェデレーションを使っていた構成を考えてみたいと思います。

 

 

 

 

BGPの設定

事前設定でインターフェイスにIPアドレスが設定できていることが前提になります。ここでは解説を割愛しますが、まだ設定できていない方は、お勉強構成を見ながら設定してみてください。どうしてもわからない方は、こちらの授業で解説していますので読んでみてください。

BGPの設定 ~iBGP編①~

 

それでは、BGPの設定に入っていこうと思います。今回、設定するのは「ネイバー設定」「ルート配布」の他に「BGPコンフェデレーション設定」となります。

 

ネイバー設定

まずネイバー設定ですが、その前に注目してもらいたいのがAS番号です。ここで設定するAS番号は、メインのAS番号ではなくサブAS番号となります。ルータ1は「110」、ルータ2と3は「120」で設定していこうと思います。

 

また、ネイバーの『remote-as』で指定するAS番号は、相手が同じメインASで動作しているルータであればサブAS番号で指定します。同じメインASを使っていない場合は、メインASを指定してもらうようになります。それでは設定していきますね!

 

【RT1】

RT1(config)#router bgp 110
RT1(config-router)#neighbor 10.10.1.2 remote-as 120

 

【RT2】

RT2(config)#router bgp 120
RT2(config-router)#neighbor 10.10.1.1 remote-as 110
RT2(config-router)#neighbor 10.10.2.3 remote-as 120

 

 

RT3(config)#router bgp 120
RT3(config-router)#network 10.1.1.3 mask 255.255.255.255
RT3(config-router)#neighbor 10.10.2.2 remote-as 120

 

BGPでルート配布

それでは、ルート配布をしていこうと思います。ここでの設定は、前回の授業と同じになるので、サラッといきますね!

 

【RT1】

RT1(config)#router bgp 110
RT1(config-router)#network 10.1.1.1 mask 255.255.255.255

 

【RT2】

RT2(config)#router bgp 120
RT2(config-router)#network 10.1.1.2 mask 255.255.255.255

 

【RT3】

RT3(config)#router bgp 120
RT3(config-router)#network 10.1.1.3 mask 255.255.255.255

 

 

BGPコンフェデレーション設定

それでは、いよいよメインとなる『BGPコンフェデレーションの設定をしていこうと思います。まずは、bgp confederation identifier xxx」コマンドでメインとなるAS番号を指定しましょう。今回で言うと、「100」がメインASとなるので各ルータで設定しておきましょう。次にbgp confederation peers yyy」で対抗となるサブASを指定します。ルータ1のピアとなるASが「120」となり、ルータ2のピアとなるASが「110」となりますので、それぞれに設定していこうと思います。

(ルータ3では、「bgp confederation peers 110」の設定は不要ですが、今回はとりあえず設定しておこうと思います。)

 

 

【RT1】

RT1(config)#router bgp 110
RT1(config-router)#bgp confederation identifier 100
RT1(config-router)#bgp confederation peers 120

 

【RT2】

RT2(config)#router bgp 120
RT2(config-router)#bgp confederation identifier 100
RT2(config-router)#bgp confederation peers 110

 

【RT3】

RT3(config)#router bgp 120
RT3(config-router)#bgp confederation identifier 100
RT3(config-router)#bgp confederation peers 110

 

これでBGPコンフェデレーションの設定は完了になります。ステータス確認に入っていこうと思います。

 

ステータス確認

それでは、ステータス確認をしていこうと思います。今回、だいぶ割愛して確認していきます。

 

 

 

show ip bgp

それでは、「show ip bgp」で取得しているルート情報を見ていこうと思います。注目しておきたいのがルータ1ステータス確認でPathの列に「(120)」が表示されていると思います。()で書かれているということは、サブAS番号であるということです。ちゃんとルータ2からもらっているため、このような表示になります。

 

【RT1】

RT1#show ip bgp
Network               Next Hop           Metric  LocPrf  Weight  Path
*> 10.1.1.1/32   0.0.0.0                     0              32768  i
*> 10.1.1.2/32   10.10.1.2                 0     100           0  (120) i
*> 10.1.1.3/32   10.10.2.3                 0     100           0  (120) i

 

 

【RT2】

RT2#show ip bgp
Network               Next Hop           Metric  LocPrf  Weight  Path
*> 10.1.1.1/32   10.10.1.1          0 100          0  (110) i
*> 10.1.1.2/32   0.0.0.0              0        32768   i
*>i10.1.1.3/32   10.10.2.3          0 100          0  i

 

 

【RT3】

RT3#show ip bgp
Network               Next Hop           Metric  LocPrf  Weight  Path
*>i10.1.1.1/32   10.10.1.1          0             100           0 (110) i
*>i10.1.1.2/32   10.10.2.2          0             100           0   i
*> 10.1.1.3/32   0.0.0.0              0                     32768    i

 

ここまではOKですか?そうであれば、ルーティングテーブルの確認に入っていこうと思います。

 

show ip route

それでは、「show ip route」コマンドでルーティングテーブルを確認していきます。

 

【RT1】

RT1#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
C 10.1.1.1/32 is directly connected, Loopback0
B 10.1.1.2/32 [200/0] via 10.10.1.2, 00:22:33
B 10.1.1.3/32 [200/0] via 10.10.2.3, 00:21:58
C 10.10.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0

 

 

【RT2】

RT2#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 5 subnets, 2 masks
B 10.1.1.1/32 [200/0] via 10.10.1.1, 00:34:34
C 10.1.1.2/32 is directly connected, Loopback0
B 10.1.1.3/32 [200/0] via 10.10.2.3, 00:25:25
C 10.10.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0
C 10.10.2.0/24 is directly connected, FastEthernet1

 

 

【RT3】

RT3#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
C 10.10.2.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
B 10.1.1.2/32 [200/0] via 10.10.2.2, 00:27:34
C 10.1.1.3/32 is directly connected, Loopback0
B 10.1.1.1/32 [200/0] via 10.10.1.1, 00:26:59

 

想定通りのステータスになっていましたか?もし、想定外のステータスになっているようでしたら、改めて物理層から順番に確認してみてください。

 

まとめ

ベル

今日の授業はここまでとします。新しくBGPコンフェデレーションを一言で言ってしまうと、「サブASを作り、疑似的にeBGPであるかのように見せる機能」です。そのため、本当のeBGPピアからのネイバー指定をする場合は、メインAS番号をremote-asで指定するようになるのです。この辺の詳細については、別途解説します。

 

BGP-TCP/IPルーティングとオペレーションの実際

BGP―TCP/IPルーティングとオペレーションの実際

新品価格
¥4,536から
(2018/12/9 23:31時点)

 

インターネットルーティングアーキテクチャ BGPリソースの詳細

インターネットルーティングアーキテクチャ ― BGPリソースの詳解 第2版

中古価格
¥8,543から
(2018/12/9 23:33時点)

マスタリングTCP/IP ルーティング編

マスタリングTCP/IP ルーティング編

新品価格
¥2,592から
(2018/12/9 23:30時点)

ルーティングの授業

静的ルーティング(スタティックルート) ~基礎編①~

静的ルーティング(スタティックルート) ~設定編①~

EIGRPの概要 ~基礎編①~

EIGRPの概要 ~設定編①~

OSPFの概要 ~基礎編①~

OSPFの概要 ~設定編①~

 

Follow me!

BGPの設定 ~iBGP編③~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です