BGPの設定 ~iBGP編②~

ベル

今回の授業は、前回の続きで「iBGPの設定」についてとなります。前回は、想定通りのルーティングテーブルにならなかったので、それを直していきたいと思います。前回の授業までを受講されていない方は、こちらから受けてくださいね。

 

BGPの概要 ~基礎編①~

BGPの概要 ~基礎編②~

BGPの概要 ~基礎編③~

BGPの概要 ~基礎編④~

BGPの設定 ~eBGP編~

BGPの設定 ~iBGP編①~

 

 

前回の復習

それでは、簡単に前回の復習をしておきたいと思います。まずは、以下のお勉強構成で、設定をしていきましたね!

 

 

この構成で、インターフェイスのIPアドレスとBGPのネイバー設定、ルート配布までを設定しました。しかし、ルータ1のLoopback0のセグメントはルータ3には届かず、ルータ3のLoopback0のアドレスはルータ1に届かなかったのです。これをなんとかしていきたいと思います。

 

以前の授業で教えたところで言うと、対策は3つです。

 

 

 

このうちフルメッシュ構成は、単純にルータ1とルータ3を接続してネイバーを確立するだけとなるので解説はしません。また、BGPコンフェデレーションについては、次回の授業で解説しますので、今回はルートリフレクタでルート配布出来るようにしてみたいと思います。

 

ルートリフレクタ

それでは、前回の授業で投入した設定にルートリフレクタ設定を追加していきたいと思います。『neighbor x.x.x.x route-reflector-client 』コマンドで、対抗側のルータをルートリフレクタのクライアントと指定することで実現出来ます。それでは、実際に設定していきましょう。

 

RT2(config)#router bgp 100
RT2(config-router)#neighbor 10.10.1.1 route-reflector-client
RT2(config-router)#neighbor 10.10.2.3 route-reflector-client

 

それでは、BGPのステータスを確認していきましょう。

 

ステータス確認

それでは、どのように変化したかを以下のコマンドでステータス確認していきましょう。

 

 

今回は、前回から変更されるステータスだけに注目して確認していこうと思います。気になる方は、他のコマンドも含めて見てみてください。

 

show ip bgp

それでは、「show ip bgp」コマンドでステータス確認してみます。前回まではルータ1にルータ3のLoopback0(10.1.1.3/32)が載っていなかったはずですが、どう変化されているでしょうか?

 

【RT1】

RT1#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 10.1.1.1

Network               Next Hop           Metric  LocPrf  Weight  Path
*> 10.1.1.1/32   0.0.0.0                    0               32768  i
*> 10.1.1.2/32   10.10.1.2                0      100           0  i
*> 10.1.1.3/32   10.10.1.2                0      100           0  i

 

ちゃんと10.1.1.3/32が表示されるようになりましたね。ルータ3はどうなっているでしょうか?

 

【RT3】

RT3#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 10.1.1.3

Network               Next Hop           Metric  LocPrf  Weight  Path
*> 10.1.1.1/32   10.10.2.2             0         100          0  i
*> 10.1.1.2/32   10.10.2.2             0         100          0  i
*> 10.1.1.3/32   0.0.0.0                 0                 32768  i

 

ちゃんとルータ1のLoopback0(10.1.1.1/32)が表示されるようになりました。これらは、ルータ2がルートリフレクタとしてiBGPピアからもらったルートを反射して配布するようになったからです。それでは、一応、ルーティングテーブルも見ておきましょう。

 

show ip route

それでは、ルータ3台のルーティングテーブルを見ていきましょう。

 

【RT1】

RT1#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
C 10.1.1.1/32 is directly connected, Loopback0
B 10.1.1.2/32 [200/0] via 10.10.1.2, 01:09:48
B 10.1.1.3/32 [200/0] via 10.10.2.3, 01:13:25
C 10.10.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0

 

【RT2】

RT2#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 5 subnets, 2 masks
B 10.1.1.1/32 [200/0] via 10.10.1.1, 01:14:03
C 10.1.1.2/32 is directly connected, Loopback0
B 10.1.1.3/32 [200/0] via 10.10.2.3, 01:11:28
C 10.10.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0
C 10.10.2.0/24 is directly connected, FastEthernet1

 

【RT3】

RT3#show ip route

10.0.0.0/8 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C 10.10.2.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
B 10.1.1.1/32 [200/0] via 10.10.2.2, 01:14:29
B 10.1.1.2/32 [200/0] via 10.10.2.2, 01:14:29
C 10.1.1.3/32 is directly connected, Loopback0

 

これでBGPに配布したルートが全てのルータで受け取ることが出来ました。

 

まとめ

ベル

今回の授業はいかがでしたか?ルートリフレクタの設定をすると、iBGPピアから受け取ったルートを別のiBGPピアに配布することが出来るようになりました。次の授業で教えるBGPコンフェデレーションでは、まったく違う概念でiBGPピアに配布するようにします。もう少しiBGPピアの設定を頑張りましょう。

 

BGP-TCP/IPルーティングとオペレーションの実際

BGP―TCP/IPルーティングとオペレーションの実際

新品価格
¥4,536から
(2018/12/9 23:31時点)

 

インターネットルーティングアーキテクチャ BGPリソースの詳細

インターネットルーティングアーキテクチャ ― BGPリソースの詳解 第2版

中古価格
¥8,543から
(2018/12/9 23:33時点)

マスタリングTCP/IP ルーティング編

マスタリングTCP/IP ルーティング編

新品価格
¥2,592から
(2018/12/9 23:30時点)

ルーティングの授業

静的ルーティング(スタティックルート) ~基礎編①~

静的ルーティング(スタティックルート) ~設定編①~

EIGRPの概要 ~基礎編①~

EIGRPの概要 ~設定編①~

OSPFの概要 ~基礎編①~

OSPFの概要 ~設定編①~

 

 

Follow me!

BGPの設定 ~iBGP編②~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です