PDCAサイクルを学ぼう!

ベル

今回の授業は、『PDCAサイクル』についてです。まず、『PDCAサイクル』とは?を知ってもらい、なぜ、このサイクルを回すことが出来ないのか?どうしたらいいのか?を学んでもらいます。

 

 

PDCAとは

それでは、「PDCAって何ですか?」ってところから解説をします!

P・・・Plan

ある事柄について、計画を立てるフェーズです。どれくらいのコストと期間を立てて、どのような品質の物を作るのかを考えるのです。

 

D・・・Do

計画通りに実行するフェーズです。実行結果を証跡として残すことで、次以降のフェーズに役立つので、分かるようにしておきましょう!

 

C・・・Check

実行結果をチェック(監視)するフェーズです!計画通りに進められているのかを確認してください。

 

A・・・Action

実施している内容が計画通りでない場合、原因を調べて改善するフェーズです。ここでは、次のPlanに戻ることを考えて検討するようにしてください。

 

夏休みの課題

例えば、子供の夏休みの宿題について考えてみましょう!

 

Plan(計画フェーズ)

夏休みに入ったらまず先にやるべきことは、計画を立てることです。仮に1ヶ月の休みがあるのであれば、子供の予定や家の予定などを考慮して、いつ、どの宿題をやるのかを考えるのです。

 

1つの宿題の『開始条件』『終了条件』などを明確にして計画を立てることが大切です。例えば、朝顔の日記を3日分書くのであれば、最終日に開始しても間に合いませんよね?または、算数ドリルの終了条件が親の丸つけまでとなっていたら、親が採点する時間も考慮しておかないといけません。

 

このように、明確な開始条件、終了条件を明確にした上で計画を立てる必要があります。プロジェクトの規模にもよりますが、子供の夏休みの宿題程度であれば、1日単位の粒度で整理することをオススメします。

 

Do(実行フェーズ)

さて、夏休みの計画を立てたのであれば、実行しましょう!ということで、計画通りに進めます。いろいろ予定がうまくいかないことがあるかと思いますが、とにかく計画通りに進めるように心がけることが大切です。

 

よく、計画を立てたものの、その計画を見ずに思いつくままに仕事をする人を見かけますが、それではダメです。計画を立てることに満足するのではなく、計画通りに終わらせることが大切なのですから。

 

 

Check(確認フェーズ)

夏休みが終わる頃に、振り返りをしましょう!というのは、来年にも夏休みがきます。この夏休みの過ごし方が、計画通りに出来たのか?出来なかったのだとしたら、なぜ、出来なかったのか?などをちゃんと考えることが大切です。

 

例えば、急な旅行が入ったり、具合が悪くなって宿題が出来なくなったりなど、どうしようもないことも起きます。そういったことで計画が狂って、夏休みの最終日に徹夜して終わらせたりしなたのであれば、なぜもっと早くリカバリー出来なかったのか?などを考えておく必要があるのです。

 

 

Action(改善フェーズ)

Checkであげた問題に対して、どのような対策をすべきかを考え、それをノウハウとして蓄積しておくのです。そうすることで、来年の夏休みの計画を立てる際に、参考となるのです。

 

例えば、ギリギリまで宿題をやる計画にしていたのであれば、遅くても夏休みが終わる1週間前に完了する予定にするとか、週に1日は休みを入れて、突然の予定で宿題が出来ない日が発生したら、そこでリカバリーする予定にするとか、検討した結果を残しておくことで、改善をはかるのです。

 

 

PDCAはまわらない

こんなにも重要だとわかっているのに、なぜPDCAをまわすことが出来ないのか?僕の周りでもPDCAをまわせていない担当部署はたくさんあります。むしろまわせている担当部署の方が少ないです。

 

その原因に共通しているのは、『C』と『A』を疎かにしていることです。プロジェクトマネージメントを勉強すると、『Plan』をしっかり立てようとするのです。そして、その立てた計画に沿って実行するわけですが、なかなかうまくいかない。それでもなんとか頑張ってプロジェクトを終わらせる。そこで、チームは打上げをして解散していく。せっかく経験したことも、ただの思い出となっていくのです。

 

そのため、次のプロジェクトで同じ事を繰り返してしまうのです。これでは、個人も組織も成長しないのです。打上げや飲み会をするのもいいですが、その前にきちんとした振り返りを怠ってはいけません。

 

 

まとめ

ベル

PDCAをしっかりまわせる組織は強いです。なぜなら、同じ失敗を繰り返さないからです。今回、夏休みの宿題を例にあげたため、年に一回の話となってしまいましたが、もっと細かく切って考え、早くまわすことが大切なんです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です